FC2ブログ
   
09
1
2
4
5
6
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

イラスト~街~神社

多忙な日々の中、時間を見つけては描き続けている
神社のある街のイラストの神社がやっと完成
2_20190915231455abf.gif
自分で撮った写真やググった神社の写真を参考にして
いい加減なイラストにならないようにかなり気を付けて

正直超手間~取ってものすごく時間がかかってしまいました~
その分本物っぽくかけて結構満足


細部にこだわっって描いたので、屋根の部分を度アップ気味に
4_2019091523145875a.gif


簡単そうに見えるかもしれませんが、左右対称の配置や
鳥が羽を広げたような模様はこの形に決めるまで試行錯誤の連続
ベジェ曲線というので描いていくのも結構手間のかかる作業なんです。
5_201909152315002c4.gif
多くのパーツをピッタっと合体させるのも一苦労
完成形を見る人はパッと見て終わりですが
イラスト作成は、根気との戦いみたいですね。

頑張った自分を誉めてあげよう
自己肯定感て大事だそうですよ。ストレスをため込まないためにも
些細なことでも常に自分を誉めてあげることにしています。


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村

<

スポンサーサイト



愛用品が~

超簡単更新 ここ数日多忙すぎてアップするゆとりなし
にも関わらず訪問される方々に
いつも同じ記事のままでは申し訳ないので

まだ使い始めて3年もたっていない愛用品のティーポット
(お茶用急須として使用)が突然



3_201909112140480ce.gif



実はいつ壊れるかず~っと気がかりだったのです。
このひびが
1_20190911214045428.gif

でも、壊れてもすぐにはあきらめない私
そう簡単にポイしないぞと修復開始









ボンドをべったり付けて、ぎゅっ~~と押さえつけて
見事復活



2_201909112140461c9.gif


ひびは当然あるけれど、ピッタリくっつきました
4_20190911214049acc.gif
お茶を注いで漏れてこないか心配だったけれど
今のところ問題なし

でも持ち手の部分をそのまま持って注ぐのは超心配
そのため台ふきんを底の部分に当てて持ち手は添える程度に持って
慎重に注いでいます。

長持ちしてくれるといいなあ~


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村

<

またも大っ嫌いな侵入者が!

つい先日の夜、またもやあの大っ嫌いなゴキブリが

あろうことかトイレの戸を開けたら
蝶つがいの目の高さあたりの柱に
あの黒々としたヤツが

噓っ~~~~~
生まれて初めてトイレで、しかもあんな高さのところに
ゴキブリがいるなんて
うちのトイレの戸 電気の消し忘れに気付くためなのか
下の方が少し隙間があるんです。

運痴の私がゴキブリ退治となると素早い
即座に丸めた新聞紙でバッチバッチ
叩きのめしたと思ったら なんと動き出した

gokiburi2.gif

廊下の壁づたいに必死で逃げていく
今回は玄関のほうへ ここも壁づたい 
でも物に阻まれ行き場を失い

バッチン バッチン容赦なく叩き
でも、ゴキブリって打たれ強いんですよ~~~


ゴキブリ専用大木槌でもあった方がいいくらい。
叩かれてもたたかれてもなかなか死なない(悔しい~~)

あの真っ黒な表面がかなり頑丈なのかも。

まさか以前のティッシュに包んで捨てたゴキブリが
死んだふりしてゴミの中から抜け出してまさかまさか
ずっと潜んでいたってわけじゃないでしょうね~~
不安になり新聞紙でぐるぐる巻いて
さらにガムテープでガッチリ止めてポイッ

あれ以来、トイレの戸を開けるのが不安
もう2度と出っくわしたくない

字が普通サイズに戻らなくなってしまいました

FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村

<

伏見稲荷大社後記

もし仮に伏見稲荷大社の全行程を巡ってみたいという
チャレンジ精神旺盛な方がいたらと思って後記を書くことにしました。

ガイドブックに1時間半かかると書いてあったけれど
四つ辻で汗だくになって、すこし休憩した以外歩き続けて
ほぼ1時間半。何度も休憩をとっていれば2時間近くかかるかも

でもたった標高233mでも休める場所は、四つ辻以外ゼロ
前回ブログの配置図で分かるように 細い山道に沿って社があるため
のんびり休息する場所なんてあるわけないんです

道幅が狭いため、互いにすれ違うほどの幅しかない。

山頂にたどり着いて参拝した後、まさか石段に腰かけて休憩なんてね~
YOUたちが見たら、「あんなふうに腰かけていいんだ」と思われては
参拝者としてあるまじき行為

とって~~も辛いけれど、ひたすら歩かざるをえない山道

途中に清滝という有名な滝があったけれど
200m下った先、ってことはまた同じ距離上るのは心が拒否
そういう滝があるんだな~って感じ止まり


大変かな~と覚悟はしていたけれど下山後は
fusimiinari-tiard
残念だったのは下山の道を間違えて
全く鳥居のない方を下ってしまったこと
下山するときは上りとは分かれ道は、左へ下っていくことです。


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村

<

伏見稲荷大社4

ついに山頂へ
あ~ついに間近までたどり着いた~~という嬉しさでいっぱい


30_2019083015372426f.gif



前回写真の奉納絵馬のすぐ横
相変わらず先行く人が見えませ~~ん ね
31_20190830153725d65.gif
有名な人であふれている見慣れた伏見稲荷大社の写真は
行程全体の三分の1もないってことだったってわけですね。



遠くの方から下ってくる人が

32_201908301537260dd.gif

山頂はすぐ近いのかと思っていたらまだなの~~~
という感じでかなりうんざり気味で上っていました



なにしろ上っていく人がいないから余計に
簡単にたどり着けないことがかなり辛い

33_2019083015372852f.gif
もう上りたくな~~~いと思っていたら










やっとやっとここまで来た

でも、変でしょ。 次が二ノ峰なんて
本当は三ノ峰、二ノ峰 ついに一ノ峰と上ってきたかったのに~~
どうしてここで働いている人が逆回りなんか教えたんだか

34_20190830153729510.gif



一ノ峰のお社はさすがに山中とはいえ石段もあり
小さいながらも神社らしき風格が感じられて
苦労して上ってきた甲斐がありました
35_201908301537318ac.gif


頂上までたどり着けた証拠写真 きっちり撮影

36_20190830153732a9c.gif
でも、この再確認の字 多くの人が訪れるのだから
正しく直した方がいいような気が

伏見稲荷大社の鳥居は朱色に彩色することになっているそうです。
朱色は赤・明・茜につながり希望の気持ちにつながる色
生命・大地・生産の力をもって、稲荷大社の“みたま”を信仰するという
意味合いがあるとのことです。

長年の願望だった参拝ができ、全行程回れたので訪れた甲斐大いにあり
また必ず再訪したい
でも、もう絶対に全行程歩く気はゼロ。
金毘羅さんの奥社もきつかったけれど
あちらの方がはるかに楽だったんじゃないかと思えるほど

下山は特に膝に堪えて 足がガクガク 
もうこれ以上歩きたくないという気持ちでいっぱいでした


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村

<

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード