07
1
2
4
5
7
8
10
11
12
14
16
17
19
20
22
23
24
26
27
29
30
   

金毘羅参り 3

寄進者名が書かれた石柱?がず~っと続きます。
記名を見ると日本全国各地から
いかに金毘羅さんが全国に知れわって
人々の信仰の対象になっていたか分かりますね。

17_20170706171307b98.gif



16_2017070617130612a.gif
デジカメで撮る順番が前後したため
実際にはカフェの神椿よりかなり下段にあります。

江戸時代は代参が盛んだったそうで
飼い主の代わりに首から金毘羅参りの袋を下げた犬は珍しくなかったようです。
袋の中には木札や初穂料、食費などが入っていて道中で出会った旅人や
街道筋の人々に世話されながら参拝を果たしたそうです。

スゴイですねわんこも偉いけれど
周りの人々が正直者だったという証ですね。
御主人様は長~い階段は上りたくないので
旅籠でのんびり帰りを待っていたのでしょうか。


こちらの白馬は確か~神椿カフェの近くで見たような~気が
これも写真が前後したうえに、1か月ほど前なのに記憶が不確か💤
18_2017070617130882f.gif
行きの時点では寝ていて全く写真が撮れず
帰りに置きあがっていたのですぐさま駆け寄ってパチリ。

伊勢神宮では早朝の6時ころに運がよければ見られるという白馬を
金毘羅さんではいつでも気軽にみられるのでいいですね。



左隣にいた黒い馬。
確かこちらの方がかなり年齢が高かったような気が・・
19.gif

長くなるので「旭社」は次回へ続く。

FC2をポチッとお願いします。
           とても励みになります
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード