FC2ブログ
   
04
1
3
4
5
7
8
10
11
12
14
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
30
   

簡単“リボベジ”

松山秀樹さんがついにマスターズ制覇
池江さんは信じられないスピードで大復活共に大拍手  
才能があるうえに努力を怠らない人は結果を出せることを証明
閉塞感いっぱいの日常に明るい光を差し込んでくれたようですね。

前回の記事の訂正
発酵しすぎのパンは「窯焼き」ではなく、「窯伸び」の間違いでした。
窯伸びするとよく膨らんでいいように思えても、伸びすぎた分
味が薄くなるのでよくないそうです。

前書きが長くなりましたが、今日の記事は「リボベジ」
「リボベジ」とは「リボーン(再生」と「ベジタブル(野菜)」の略称
日本人はカタカナ好きですね~「再生野菜」でいいじゃないと思うけれど



これが「リボベジ」
1_20210413172858989.gif
捨ててしまう部分をほんの少しだけ(5mm~1cmほど)
水に浸けておくだけで再生させる方法

ごく短期間で



こんなに伸びてず~っと野菜の高値が続き
ほぼ毎日食べる納豆に絶対入れたい薬味のねぎに利用でき
4_20210413172903306.gif
もっと本数を多くすればよかった

家庭菜園のほうれん草(右)とイタリアンパセリ
5_20210413172904254.gif


根元付近に可愛い葉っぱが再生中
こちらは小ねぎより成長が遅いですね。
6_202104131729069d5.gif
再生部分が瓶より上に出るようにするつもりです。

ビー玉を使用しているのは、倒れるのを防ぐため
スポンジでもいいそうですが、スポンジはぬめり易いかもと思って
ビー玉利用。毎日水をかえます。

小ねぎをビー玉できっちり立たせるのは、コツがいるようで結構難しい。
でも、気軽に楽しめて、実用的さらに場所を取らない。
鑑賞用にもなると結構いいことずくめ「リボベジ」

ビー玉は100均のおもちゃコーナーで買いました。


おまけ
 「リボベジ」のつもりではなかったけれど
 葉を全部取った小松菜を処分せずに根元部分だけ残しておいたら
 こんなに葉が出てビックリ
3_202104131729017f9.gif
残念ながら、寒冷紗をしていたら葉がうどん粉病状態
寒冷紗がないと新しく種を蒔いて生育中のチビ小松菜が
鳥の餌になってしまうので難しい~~

FC2をポチッとお願いします。
           とても励みになります
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード