09
1
2
4
5
6
8
9
11
13
14
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

金丸座3

ここからは奈落部分が続きます。
小さな階段ははたぶん舞台へ出るためのものだと思いますが
記憶が不確かですいません。
13_20170815173425a2b.gif

回り舞台の装置を撮り忘れてとても残念。
大掛かりな装置を人力で回します。



これも不確かですが、空井戸の下だと思います。
14_201708151734263ca.gif






これは花道に沿った奈落部分
途中にある階段は、舞台にパッと登場するスッポンのためのもの
15_20170815173522f4f.gif
奥の階段を上ると花道の出待ちをする部屋「鳥屋」へと通じています。





2回の観客席からの眺め
舞台奥までよく見渡せて、通の観客はこちらの座席を好んだのか
と思わせるほど1階席にはない良さを感じました。
16_20170815173523918.gif
席は3列 最前列が前舟、2列目が中舟、3列目を後舟と言います。


角度を変えて  花道の左側の席は「日の出席」
17_20170815173524f0b.gif

年中無休(催物開催日は休館になる場合あり)
500円の入場料でタイムスリップしたような気分を十分堪能できました。

FC2をポチッとお願いします。            
          とても励みになります    
       
 

にほんブログ村

スポンサーサイト

No title

こんにちわ

なかまで見学することができるんですね!
江戸時代から続く由緒ある芝居小屋の裏まで見学できるなんてスゴイですねー。
昔のひとの芝居にかける情熱まで伝わってきそうで素晴らしいです!

No title

M@lauaealohaさんへ

花道を歩けただけでも十分満足でしたが
バックヤードまで思う存分見学できるなんて贅沢ですね。

昔の人は現代人より粋で芝居見物も上手に
生活の一部にしていたのかもしれませんね。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード