06
2
3
5
7
8
10
11
13
14
16
18
19
21
22
23
25
26
28
29
30
   

手作りパン~♪

何度作っても飽きないパン・オ・レザン
1_20170612181657756.gif
1回目の焼きは焼き色が白っぽくなると思って
190度に設定したら、まさかこんなに焦げるとは





ちょっとは見た目の違うパンを作りたかったので
抹茶生地との編み込みパン。
2_20170612181658616.gif
思った以上に発酵して巨大パンに
でもいい具合の焼き色



カットするといい感じのマーブル状。
3_2017061218165915c.gif
ふわっふわでこのままでも十分美味しいですが
バターを塗るとさらに美味しさがアップします。




さほど気温が高いわけではなかったのにあれよあえれよという間に
型からあふれださんばかりに膨らみすぎて
4_20170612181701a89.gif
庫内の高さが不十分なので
焼き上がりにオーブンから出すのにちょっと手間取るくらい
焦げ防止のアルミ箔をかぶせる隙間もないほどでした~



カットしたら結構いい感じ~と喜んでいたのが
5_20170612181702817.gif





型から出すのがまだ早かったのか
6_20170612181727e16.gif
切っていくうちにどんどん萎んで、最後の方は1枚目の半分以下
2色パンにするのは生地を2つ作って手間がかかっているのに
最後の最後でうまくいかないなんて虚しい~~



大好きなブドウパンこちらは焦げなし
周囲は白っぽいけれどいい感じに焼けました。
7_20170612181728448.gif
周囲まで焼き色を付けるのは家庭用のオーブンでは難しいのか




今度こそ失敗しないようにと十分冷ましてカット。
8_201706121817302b9.gif
ブドウが下に沈まずに全体に散らばったので
久々満足できるブドウパンが作れました

手作りパンは美味しいけれど、毎回同じようにきちんと作るのは
本当に難しいです。特に型焼き食パンはじっくり我慢するすべし
パン職人は同じ形の美味しそうなパンをきっちり作れるからさすがですね。

FC2をポチッとお願いします。            

      とても励みになります


にほんブログ村




四国旅行~金陵の郷

琴平に到着したら即金毘羅参りと思われるでしょうが
ガイドブックで下調べすると 他にも見学したいところが数か所。

「金陵の郷」
1_20170609181145270.gif
お酒を通じての語らい処として創設されました。

金刀比羅宮社叢(しゃそう)から湧き出る水が「酒造水」として最適だったそうです。
さらに冬の寒さが寒づくりに恵まれた「酒造地」としても最適。

そのうえ全国に知られた琴平は多くの参拝客と
地元の人によって清酒「金陵」が磨き育まれました。
金陵は琴平の故地名だそうです。


杉玉の入り口を入ると中庭になっていました。
2_20170609181146ad1.gif



左側には大きな木が
3_20170609181147282.gif
御神木のような感じで見ているだけで「気」が感じられました。


見学コースの入口
4_20170609181149626.gif
左側にあるのは大きな酒樽


金毘羅参りもあり、のんびり見学しているゆとりがなかったので
詳しい説明はできませんが

5_20170609181150acd.gif
酒造りの原料のお米を洗う行程
研いでは水を流す作業を繰り返します。




これは~~何だったのか~記憶にありません。
6_201706091812394d0.gif


給水させた白米を甑(こしき)に入れて大釜の上で蒸します。


蒸した米は麹、酛(もと)、もろみ用に区別して放冷場の
むしろの上に広げて、朝の冷気を利用して冷まします。
7_20170609181240625.gif


清酒と粕に絞り分ける行程
8_20170609181242401.gif
最初にでる新酒を「荒走り」と言います。



この酒樽はたぶん高さ2m以上 大きさに圧倒されました。
9_2017060918124363f.gif
飲んべさんには興味深々の場所かもしれませんね。
日本酒が体質的に全く駄目な私ですが
昔の酒造りの様子がとても分かり易く、すべてが木で作られ
その一つ一つがとても丁寧に作られていたので
酒造りへの思いが感じられる処でした。

琴平に行くことがあったら参道の入口にあるので是非訪れてみてください。


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村


イラスト~子どもの明るい子が聞こえる住宅街

かなり以前に描いたイラストですが
イラスト1枚仕上げるのにかなり時間を要します。
1回アップして終わりというのは正直虚し~いため

近頃は子どもの声がうるさいと言って
各地で保育園建設阻止が続いてますね。
子どもがおとなし過ぎたらかえって心配だと思うのに
寛容さがなくなってきているのか 
日本人はもっと穏やかだったような気がしますが・・
run-child-2ken-house2.gif
最初は下のイラストでしたが

run-child-2ken-house_20170606173059283.gif
人物を目立たせ、中央の女性の服装が季節外れなのでカットしました。
新緑なのに毛糸の帽子にダッフルコートのようなのを着て
我ながら「変!」てことに今頃気づく  やはり相当ドジ子です。


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村


楽しかった四国旅行~♪

昨年サンライズに乗車して是非もう1度乗りたいと思って
行った先は


以前は遠いなあ~と思っていた四国に俄然行きたくなったので

1_2017060410405569b.gif
1度は金毘羅さん参りをしたかったのと
高校の修学旅行で行った栗林公園がとても印象に残っていたからです。

それに いつも訪問してくださる方が香川県内をいろいろ紹介されて
さらに私の大好きなシャンソン歌手の別府葉子さんが
最初の活動拠点にしていた県なのでとても愛着がわいて
四国に行くならまず香川へ



瀬戸大橋から眺める瀬戸内海は晴天に恵まれ
朝のさわやかな空気を感じました。

2_2017060410405626e.gif
通過中橋が全く見えないのが残念。


昨年は1時間以上遅延だったのが、今年は定刻通り7:27分着
さすがJR
3_201706041040589dc.gif
実は去年に引き続きよってしまって、下車したときは
ホームでやってしまうのではないかと思ったほど
トイレまでが超つらかった~~

前夜の夕食で消化が悪いといわれるお赤飯を食べてしまったのと
超揺れる列車なのにテーブルを背もたれに寄り掛かって
早々に酔い気味になり朝まで続いて あ~~もうサンライズダメかな~



ホテルに荷物を預けて、琴電の瓦町駅までほぼ小走り。
4_20170604104059242.gif
お蔭で1時間に2本しかない琴電に滑り込みセーフ。
PCで時刻表を事前チェックして正解でした。



高松の琴電駅からは1時間以上。ちょっとショボメの駅
5_20170604104101fba.gif



すぐそばに日本一と言われる高灯篭。
6_20170604104139dc3.gif


琴電琴平駅から数分のところにJRの琴平駅。
こちらは素敵ですね。
7_20170604104141641.gif


綺麗なのでアップで
9_2017060410434804b.gif



8_201706041041425c6.gif
このすぐ向かいにある手作りの餅やさんの餡餅が
とても美味しかったです。買う即食べるで写真はありませんが

大満足の旅レポ、かなり続く


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村


イラスト~お城の見える風景(完成)

今日から早いものでもう6月。
1年の半分が過ぎようとしていますね~早いなあという感じ。

新緑の季節からうっとうしい梅雨の季節へ

雨続きでもこんなお城を眺められたら
雨の日も素敵に感じられるかなと思ってアップしました。

rosia-casle12_20170601172248f81.gif
ヨーロッパのお城は個人でも買えるそうですが
金額もさることながら、メンテナンスが半端ではないようですね。

立派な建物、豪華なものは見ているだけで十分ですね。


FC2をポチッとお願いします。           

          とても励みになります
          にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 
          にほんブログ村


最新コメント

最新記事

プロフィール

ユッカリン

Author:ユッカリン
かわいいイラストを描くのが大好き。
食べることも大好き。
でも、メタボじゃないけど・・
花と動物も大好き。

カテゴリ

未分類 (68)
イラスト (438)
絵本 (202)
絵日記 (1125)

FC2カウンター

MicroAd

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード